フラット35の適合証明の発行にはフラット35の技術者として登録が必要です。
弊社はフラット35の技術者登録を行っています。
登録番号は241100591

中古住宅、中古マンションの住宅ローン審査の為、適合証明の発行ができる会社です。

メリット1. 最長35年の長期固定金利
資金のお受け取り時にご返済終了までの借入の金利返済額が確定します。
一般的な住宅ローン
変動金利型

金融情勢の変化に伴い返済途中でも定期的に金利が変動するタイプ

半年に1度、短期プライムレートの変動に応じて適用金利が変わります。高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がりますが、低金利時に借りると、将来の金利の上昇と共に返済額が増えるため、借入時に将来の返済額が確定されません。
固定金利期間選択型

一定期間に固定金利が適用されるタイプ

固定金利が終了した後に適用される金利は、住宅ローン商品によってさまざまです。高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がり、低金利時に借りると、将来の金利の上昇とともに返済額が増えるため、ある一定期間の返済額は確定することができますが、固定金利期間終了後の返済額が確定されません。

フラット35の場合
フラット35 長期固定金利型
借りた時の金利が返済期間を通じて変わらない
借入時に毎回の返済額が確定しているので、計画的な返済を行うことができ、安心です! 低金利時に借りると、将来にわたり低金利に基づく返済額を確定することができます。
また、フラット35は、全期間を通じて同じ金利の他に、 返済期間が10年経過した時点で金利が変更される「段階金利」の固定金利型商品もあります。

メリット2. 保証料0円、繰上返済手数料0円

通常の住宅ローンで必要となる保証料が必要ありません
(保証人も不要)。
※融資手数料、抵当権の設定費用(登録免許税・司法書士報酬等)、火災保険料等はお客様のご負担です。
繰上返済手数料0円だとお得!!

繰上返済手数料

ご返済中に繰上返済や返済条件の変更を行う際も、手数料は一切いりません。
(一部繰上返済の場合、繰上返済日は毎月の返済日、返済できる額は100万円からとなります。)

メリット3. 機構の技術基準で、住まいづくりを応援

住宅を建てる場合には、国が定めた最低基準「建築基準法」に適合させる必要がありますが、
フラット35住宅は、支給元の住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、物件検査を受けていただいています。
併せて新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。

※ 物件検査に当たっては、物件検査手数料が必要で、お客様のご負担となります。
※ 物件検査手数料は、適合証明機関によって異なります。


フラット35については
詳細は住宅金融支援機構のフラット35のページをご覧ください。
http://www.flat35.com/index.html